トップページ >  脳の病気

脳の病気

脳卒中

「脳卒中」という名称は脳の血管の障害によって意識・運動機能障害が発作的に生じる病気の総称であり、単独の病気を表す名称ではありません。 ここでは代表的なものとして「脳出血」「くも膜下出血」「脳梗塞」「一過性脳虚血」「高血圧性脳症」を紹介します。 受診科  脳神経...

脳卒中の続きを読む>

脳内出血

脳内出血とは、脳の中の血管が破れて脳内で出血を起こすものです。 [原因]  血管が破れる病気ですから、血管が破れやすくなる病気が原因です。そのような病気としては高血圧と動脈硬化・脳動脈瘤・脳動静脈奇形などが挙げられます。興奮時や気温の低い時に起こしやすい傾向が...

脳内出血の続きを読む>

くも膜下出血

くも膜下出血とは、脳と、脳の外側の膜との間で出血します。 [原因]  脳は三層の膜〜内側から順に軟膜・くも膜・硬膜〜におおわれていますが、この軟膜とくも膜の間で出血するのがくも膜下出血です。出血の原因はやはり高血圧が多いといえますが、動脈瘤の破裂もよく見られる...

くも膜下出血の続きを読む>

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作とは、脳への血流が一時的に止まるものです。 [原因]  動脈硬化で血管が狭くなって血流が悪くなる場合と、血栓がつまる場合の2つがあります。脳梗塞と同じ原因で起こります。 [症状]  手足のしびれや麻痺・めまい・言葉のもつれなどが発生しますが、「...

一過性脳虚血発作の続きを読む>

脳梗塞

脳梗塞とは、脳の血管が血栓(血のかたまり)でつまってしまう病気です。血栓のつくられる場所の違いによって脳血栓と脳塞栓に分類されます。 [原因]  脳の血管に血栓がつまり、脳の組織が死んでしまうことによって起こります。血栓が脳の内部でつくられるものが脳血栓、脳の...

脳梗塞の続きを読む>

高血圧性脳症

高血圧性脳症とは、急な血圧の上昇によって脳圧が上がる病気です。 [原因]  急激に血圧が上昇すると脳の血流が増え、血液中の成分が脳内にしみ出して脳圧が上がり、脳がむくみます。血圧上昇の原因になるのはやはり高血圧ですが、他にも腎臓病・妊娠中毒症などが挙げられます...

高血圧性脳症の続きを読む>