トップページ >  目(眼)の病気・症状

目(眼)の病気・症状

白内障

白内障とは、水晶体が混濁して視力障害を生じる病気です。 [原因] 水晶体が濁る原因はよくわかっていません。老化現象の一つとして起こるものが最も多く、他には先天性のもの・他の病気との併発(ぶどう膜炎・緑内障手術後・糖尿病・テタニーなど)・外傷性のものなどがありま...

白内障の続きを読む>

緑内障

緑内障とは、眼球の内圧の上昇によって視力が低下したり、ときには失明することのある病気です。 [原因]  眼球には房水と呼ばれる水が一定の圧力で充填されています。 この房水はぶどう膜・毛様体と呼ばれる部分で作られ、黒目と白目の境目にある前房隅角から外に出て行きま...

緑内障の続きを読む>

ものもらい(麦粒腫と霰粒腫)

ものもらい(麦粒腫と霰粒腫)とは、目にできるできものです。 [原因] ものもらいというのは麦粒腫と霰粒腫という全く別の病気を合わせた総称であり、症状も原因も違います。 ◎麦粒腫…まつげの根元の汗腺に細菌が入り込んで炎症を起こす病気です。 ◎霰粒腫…瞼の裏には目...

ものもらい(麦粒腫と霰粒腫)の続きを読む>