トップページ >  胃腸(消化管)の病気 >  腸重積とは

腸重積とは

 腸重積とは、腸が腸の中に潜り込み、腸が折り込まれたようになる病気で、腸が詰まって働かなくなり、腸閉塞に陥る危険性がある病気です。この病気は乳幼児に比較的多く発症します。発症のピークは生後6~10ヶ月で、2歳ぐらいまでの子供に多く見られます。統計的には男の子がかかりやすいようです。

[原因]
 直接的な原因は不明ですが、腸の腫れたリンパ節が便と間違えられてどんどんと腸内へ送られることで、腸が腸の中に入り込み発症すると考えられています。

[症状]
 腸重積の特徴的な症状が三つあります。まず、断続的に起こる腹痛が原因で「泣く」と「泣き止む」を繰り返します(間欠的啼泣)。そして、断続的に泣いているうちに嘔吐します。さらに血便も出ます。いちごジャムのように見える血便が特徴的です。

[治療]
 腸重積は危険です。なぜなら命に関わることがあるからです。発症からほぼ24時間以内なら、比較的簡単に治すことができますが、それ以上時間が経ってしまうと、めりこんだ腸が死んでしまいます。 診断が早いときは、肛門からバリウムなどを入れて圧力をかけることでめりこんだ腸を押し戻します(高圧浣腸整復)。これで元に戻らないときや、発症から24時間以上過ぎていて危険なときは、外科手術でお腹を開けて治療します。

[受診科]
 小児科、小児外科
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病