トップページ >  がん(癌)の病気

がん(癌)の病気

癌(がん)[一般]

[がんとはどのような病気か] がんとは、一言で言えば「自身の細胞が突然変異を起こし、無制限な増殖を繰り返す病気」です。細胞が増殖する病気には「良性腫瘍」というものもあります。これに対してがんは「悪性腫瘍」と呼ばれます。 悪性腫瘍は、次のような特徴を持っています...

癌(がん)[一般]の続きを読む>

胃癌(胃がん)[いがん]

[原因] 胃癌(胃がん)[いがん]とは、他のがんと同様にはっきりしたことはわかりませんが、胃炎やピロリ菌、喫煙などががんのリスクを高めていることがわかってきています。 がんが胃の表面(粘膜・粘膜下層)にとどまっているものを早期胃がんといいます。さらに粘膜の下ま...

胃癌(胃がん)[いがん]の続きを読む>

肺癌(肺がん)[はいがん]

[原因] 肺癌(肺がん)とは、最近日本で急激に増加している病気で、喫煙が主な原因といわれます。しかしながら、喫煙者の肺がんリスクは非喫煙者に大して非常に大きくなることは事実ですが、喫煙と無関係に起こる肺がんもあることに注意しなければなりません。喫煙以外の原因と...

肺癌(肺がん)[はいがん]の続きを読む>

肝臓がん(肝臓癌)

[原因] 肝臓がん(肝臓癌)には、肝細胞そのものに発生する原発性肝臓がんと、胃がん・大腸がんなど他の臓器から転移する転移性肝臓がんがあります。原発性肝臓がんはB・C型ウイルスが原因ではないかと考えられています。従ってB型・C型肝炎の患者は肝臓がんにかかる危険性...

肝臓がん(肝臓癌)の続きを読む>

大腸がん(大腸癌)

[原因] 大腸がん(大腸癌)とは、最近日本で増加傾向の著しいがんです。大腸がんは遺伝的な要因よりも環境的な要因が主な原因となっていると考えられています。環境的要因とはすなわち食生活の欧米化です。実際、このがんは欧米人に多かったのです。 発生部位によって直腸がん...

大腸がん(大腸癌)の続きを読む>

脳腫瘍

[原因] 脳腫瘍とは、頭蓋の中で発生する腫瘍の総称であり、良性と悪性(がん)両方を含みます。脳は複雑な気管ですから、発生する部位によっても症状・悪性度・好発年齢は違ってきます。また脳自体だけでなく脳を包む髄膜の腫瘍なども脳腫瘍に分類されます。したがって脳腫瘍と...

脳腫瘍の続きを読む>

膵臓(すい臓)癌(がん)

[原因] 膵臓(すい臓)癌(がん)は、慢性膵炎のひとつである膵石症との関連が指摘されていますが、詳しいことはわかっていません。 [症状] 初期は無症状のことが多いがんですが、体重減少・腹部の違和感・痛みなどの不定症状から始まります。しかしこれらは膵臓がんに限ら...

膵臓(すい臓)癌(がん)の続きを読む>

舌癌(舌がん)

[原因] 舌癌(舌がん)とは、口腔(口のなか)にできるがんのうちで最も多い舌の病気です。尖った虫歯などが絶えず刺激を舌に与えることや、喫煙・飲酒が原因として挙げられています。 [症状] 初期症状は痛みや異物感などです。進行すると出血・痛みで口が開けられなくなる...

舌癌(舌がん)の続きを読む>

咽頭癌(咽頭がん)

[原因] 咽頭というのは簡単に言えば「のど」ですが、咽頭がんは発生部位によって上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がんの三つに分けられます。おおざっぱに言うと上咽頭は鼻の奥、中咽頭は口の奥、下咽頭はさらに下の食道入り口(口を開けても見えない)の部分ということになりま...

咽頭癌(咽頭がん)の続きを読む>

膀胱癌(膀胱がん)

[原因] 膀胱がんとは、泌尿器系のがんのなかでは最も多くみられるものです。女性よりも中年の男性に多く、喫煙者は非喫煙者にくらべてこのがんにかかるリスクは高いといわれています。また、食品添加物(防腐剤)などの影響も指摘されています。 [症状] まず始まるのは血尿...

膀胱癌(膀胱がん)の続きを読む>

前立腺癌(前立腺がん)

[原因] 前立腺は膀胱の下側にあり、精液をつくる役目を担っている臓器です。男性にしかありません。ここががんに冒される前立腺がんは50歳以降の男性に多い病気です。原因は明らかでありませんが、脂肪の多い食事に関連があるという報告もあります。 [症状] 初期のうちは...

前立腺癌(前立腺がん)の続きを読む>

乳癌(乳がん)

乳癌とは、乳腺上、または皮膚、脂肪層にできる悪性腫瘍のことを言います。 [原因]  乳癌(乳がん)の原因はよくわかっていませんが、比較的がんになりやすい傾向をもつ人はいます。年齢でいうと主に40〜60歳の成人女性に多く、また乳がんが多く見られる家系というのも存...

乳癌(乳がん)の続きを読む>