トップページ >  がん(癌)の病気 >  癌(がん)[一般]

癌(がん)[一般]

[がんとはどのような病気か]

がんとは、一言で言えば「自身の細胞が突然変異を起こし、無制限な増殖を繰り返す病気」です。細胞が増殖する病気には「良性腫瘍」というものもあります。これに対してがんは「悪性腫瘍」と呼ばれます。 悪性腫瘍は、次のような特徴を持っています:

(1)無制限な増殖
 正常な細胞は新陳代謝に伴って分裂増殖しますが、必要な分だけ分裂すると増殖が停止する仕組みが備わっています。しかし、がん細胞はこの仕組みが壊れているため、生体の統制を離れて勝手に増殖し続け、ついには個体を死に至らしめます。

(2)浸潤と転移
 がん化した細胞は増殖しながら周囲の組織にしみ出すように広がります。これを浸潤といいます。また、リンバ管や血液の流れに乗って、最初に悪性腫瘍ができた場所から遠く離れた場所に飛び火し、新しい腫瘍をつくってしまいます。これが転移です。

(3)悪液質
 がん細胞自身も栄養を消費しますので、正常細胞が必要とする栄養が奪われてしまい、栄養失調状態になります。またがん細胞は有毒物質を出すので、各臓器の代謝の働きを妨げてしまいます。また腫瘍そのものは臓器を圧迫することにもなります。がん細胞のこれらの働きの結果、がん患者はやせて衰弱していくことになるわけです。がんのもつこのような性質を「悪液質」と呼びます。

良性腫瘍も(1)の性質は持っていますが、(2)(3)は悪性腫瘍(がん)特有のものです。従って良性腫瘍は一つの場所に固まりを作るだけですので、病巣を切り取ってしまえば治癒します。しかし悪性腫瘍は一つの部位を切除しても他の部位に次々に出現し、きりがありません。これががんが「死の病」と恐れられているゆえんなのです。
悪性腫瘍は体の全ての組織に発生します。発生部位によって肺がん、胃がん、肝臓がん、脳腫瘍などに分類されます。

[原因]
がんが発生する原因ははっきりとはわかっていません。しかし研究の結果、徐々に細胞のがん化のメカニズムは明らかになりつつあります。
全ての細胞は、自身の内部に「DNA」という情報伝達物質を持っています。これは細胞の設計図とも呼べるもので、この情報に基づいて細胞は増殖して身体の組織を作っていきます。ごく簡単に言えば、このDNAに何らかの理由で傷がつき、増殖をストップするブレーキが効かなくなることががん化の原因です。  DNAが損傷する原因は実にさまざまで、アスベスト・活性酸素・たばこの煙などの化学物質、紫外線、放射線、ウイルスなどがあります。
 また、ある組織が繰り返し傷つけられては再生(増殖)を繰り返していると、そこに突然変異体ーすなわちがん細胞ができることがあります。尖った金冠などに頻繁に慢性的な刺激をうけることによって発生する舌がん、強い酒や熱いものでのどを痛め続けることによって起こる食道がんなどはその一例です。これは、そもそもがん化という現象が確率的に起こるものでもあるということを示しています。がんというものは、何度も分裂を繰り返していれば一定の確率で起こるものなのです。これはがんが老化とともにしばしば起こることによっても理解できます。
 遺伝的素因というものもあり、ある種のがんにかかるリスクの高い家系というものも確かに存在します。しかし生活習慣が共通していれば同じようにリスクが高まることも考えられるなど、簡単には結論を出せない難しい問題です。

[診断]
悪性腫瘍はしこりとして現れるので、発生部位が目につきやすいかもしくは直接触ることのできるところでは容易に気付くことができます。舌がん、乳がんなどはその一例です(ただし良性の可能性もある)。しかし身体の内部にできた悪性腫瘍は症状が出るまで気付くことができず、また一部のがんでは症状が出た時には手遅れということが少なくないありません。予防的な診断を受けることが望ましいといえます。X線・超音波・MRI・CTなどによる検査や腫瘍マーカー(がん細胞だけが出す物質)の確認、内視鏡などを用いればほとんどのがんを初期のにうちに発見することが可能になりました。「がん年齢」と呼ばれる40歳以降は、これらの検診を少なくとも年1回は積極的に受けることが大切です。

[治療]
最も有効な治療法は外科的療法、すなわち手術で腫瘍を取り除いてしまうことです。しかし上でも述べたようにがんは転移・浸潤を繰り返す病気ですので、切り取ることが出来ない状態になっていることも多々あります。また、白血病など最初から手術では対抗できないがんもあります。この場合は内科的療法・放射線療法など他の方法を選択することになります。昔は手術が出来なければ手遅れという認識もありましたが、近年治療技術は著しく向上し、各種がんで平均寿命を大きく延ばすことに成功しています。ここでは手術以外の治療法を紹介します。
◎化学療法…がん細胞を弱める抗がん剤を使う療法。抗がん剤は数十種類あり、普通は組み合わせて使う。副作用もある。
◎放射線療法…がん細胞は正常細胞にくらべてDNAの損傷に弱いので、放射線を当てることによってDNAを破壊してがん細胞だけを殺す。
◎温熱療法…がん細胞は熱に弱いので、摂氏42度くらいに暖めてがん細胞だけに障害を与える。化学療法や放射線治療などと組み合わせて使う。
◎免疫療法…生体がもともと持っている、がんに対抗する力(免疫力)を高める治療法。がんの抗体を作る薬剤などを投与する。
他にもホルモン療法、レーザー治療などがあります。これらの治療法はそれぞれが単一で用いられることはなく、組み合わせてがんに対抗することになります。

[予防]
 がんは前述の通り、老化現象の一つとしても現れる病気です。確立された予防法というものは存在せず、やはり最も有効な対抗法は早期発見であるといえます。40歳をすきたら各種の集団検診に積極的に参加しましょう。
 予防法が確立していないとはいえ、がんのリスクを高める物質(発がん性物質)が身の回りにたくさんあることや生活習慣が原因となりえることを考えれば、それらを避けることが理想的であることに間違いありません。発がん性物質を全く摂らない生活というものは事実上不可能ですが、過剰にならないかぎりそれらを無毒化する力がわれわれの身体には備わっています。神経質になり過ぎる必要はありませんが、個人が心がけることの出来る予防法として国立がんセンターが提示する「がんを防ぐための12ヶ条」を紹介しましょう。

国立がんセンターによる「がんを防ぐための12ヶ条」
1.偏食せず、バランスのとれた栄養をとる
2.同じ食品ばかり食べず、変化にとんだ食生活をこころがける
3.食べ過ぎを避け、脂肪をとりすぎないようにする
4.酒を飲み過ぎない
5.たばこは吸わない
6.適量のビタミンA・C・Eと繊維質のものをとる
7.塩分を控え、熱いものは冷まして食べる
8.焦げたものを食べない
9.カビの生えたものを食べない
10.日光に当たりすぎない
11.過労を避け、適度な運動を
12.体を清潔にする
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病