トップページ >  がん(癌)の病気 >  脳腫瘍

脳腫瘍

[原因]
脳腫瘍とは、頭蓋の中で発生する腫瘍の総称であり、良性と悪性(がん)両方を含みます。脳は複雑な気管ですから、発生する部位によっても症状・悪性度・好発年齢は違ってきます。また脳自体だけでなく脳を包む髄膜の腫瘍なども脳腫瘍に分類されます。したがって脳腫瘍ということばは総称と考えた方がよく、さらに細かく分類すると数十種類以上になります。原因については化学物質・放射線・遺伝子異常などさまざまな説がありますが、確定的なことはわかっていません。

[症状]
上でも述べた通り、脳腫瘍は発生部位によって症状が異なります。しかしおおざっぱに言うと、

(1)頭蓋内圧亢進症状…腫瘍に圧迫されて頭蓋内圧が上がることによる症状
(2)局所症状…腫瘍の発生した場所の機能が失われておこる神経症状

が特徴的です。(1)では頭痛・嘔吐・うっ血乳頭(眼底の視神経乳頭のむくみ)などの症状が主体ですが、 (2)では腫瘍の発生部位によって症状は異なり、手足の麻痺・視力障害・聴力障害・言語障害などさまざまです。

[治療]
 CT・MRIなどで腫瘍を確認したのち手術で除去するのが第一ですが、場所によっては難しいこともあります。この場合は放射線療法や化学療法などを用いることになります。治療法の進歩により治療成績は年々良くなってきていますので、早いうちに治療を受けることが大切です。

[受診科] 脳神経外科
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病