トップページ >  皮膚の病気

皮膚の病気

アトピー性皮膚炎とは

 アトピー性皮膚炎とは、乳幼児期に始まることが多い皮膚炎で、よくなったり、悪くなったりをくり返しながら長期間続きます。非常に痒みの強い湿疹が出ます。体質的なものと環境的なものとが関係していると考えられています。そのため、喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜...

アトピー性皮膚炎とはの続きを読む>

ねこひっかき病とは

 ねこひっかき病とは、猫や犬にひっかかれたり噛まれたりした傷を中心に赤く腫れ、傷のできた側のわきの下や首のリンパ節の痛み・腫れ・発熱などの症状を来す病気です。夏から秋にかけて発生頻度が高く、外で遊ぶ子供たちが見知らぬ猫や犬に手を出してしまい、思わずひっかかれて...

ねこひっかき病とはの続きを読む>

とびひとは

 とびひとは、あせも・虫刺され・湿疹にできた引っ掻き傷や転んでできた傷に細菌が感染することによってできる皮膚病のひとつです。正式病名は伝染性膿痂疹と言います。火事の飛び火のようにあっと言う間に広がることから、 “とびひ”と言うようになりました。 [原因]  傷...

とびひとはの続きを読む>

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)とは、皮膚にかゆみを伴うさまざまな形の膨疹ができるものです。 [原因] 蕁麻疹とは、かゆみを伴う膨疹(膨らんだ発疹)が出る症状につけられた呼称です。原因は、魚介類・ソバなどの食物に反応して起こるもの、薬剤によるもの、虫さされ、細菌、機械的刺...

蕁麻疹(じんましん)の続きを読む>

白癬症(水虫[みずむし]・たむしなど)

白癬症(水虫[みずむし]・たむしなど)とは、白癬菌によって起こる皮膚病の総称です。 [原因]  白癬症というのは、皮膚に白癬菌というカビの一種が寄生することによって起こる病気です。寄生する場所によって病名が変わります。またそれぞれに俗称があり、こちらのほうが有...

白癬症(水虫[みずむし]・たむしなど)の続きを読む>

主婦湿疹(手湿疹)

主婦湿疹(手湿疹)とは、水仕事などの刺激によって手がかぶれる病気です。 [原因]  洗濯や炊事などの水仕事をしていると、皮脂を洗剤で洗い流してしまうことになります。皮脂という防護膜を失った皮膚は刺激に敏感になります。さらに、もともと皮脂の分泌が少ない・アトピー...

主婦湿疹(手湿疹)の続きを読む>

手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)

手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)とは皮膚の角質が増殖し、もり上がるものです。

手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)の続きを読む>