トップページ >  皮膚の病気 >  とびひとは

とびひとは

 とびひとは、あせも・虫刺され・湿疹にできた引っ掻き傷や転んでできた傷に細菌が感染することによってできる皮膚病のひとつです。正式病名は伝染性膿痂疹と言います。火事の飛び火のようにあっと言う間に広がることから、 “とびひ”と言うようになりました。

[原因]
 傷ついた皮膚の表層に黄色ブドウ球菌、または溶連菌が感染するためにとびひは発症します。最近は有名なメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による伝染性膿痂疹が増え、治療に手間取ることが多くなりました。

[症状]
 とびひ(伝染性膿痂疹)の症状の出方には大きく二つのタイプがあります。水疱性膿痂疹と痂皮性膿痂疹の二つです。とびひのうち、最も多く見られるのが水疱性膿痂疹というタイプです。水疱性膿痂疹は、赤いブツブツができた後に水ぶくれを生じ、それが破れるとかさぶたやただれになり、かゆみも強く、かくとブツブツの中の分泌物が付着してあちこちへひろがります。一方、痂皮性膿痂疹というタイプは、小さな赤い化膿した発疹の集まりができ、やがて黄褐色のかさぶたとなってひろがります。周囲は赤くなりますが、かゆみはほとんどありません。放置すると火傷でもしたかのように重症な皮膚症状を引き起こすことがあります。

[治療]
 水疱性膿痂疹の場合、抗生物質の軟膏を塗って全体をガーゼで覆います。1日に1~2回取り替えます。大きな水疱がある場合は、その内容液が周囲に付着しないように切って汁を排出させます。水疱性膿痂疹は痒みが強いので、抗ヒスタミン薬(かゆみ止め)の薬も飲ませます。
 痂皮性膿痂疹でも抗生物質を使用します。症状が重症の場合は点滴注射で、全身投与をする必要があります。アミノグリコシド系抗生物質はほとんど効かないため、エリスロマイシン軟膏など効き目のある抗生物質を使います。

[受診科]
  皮膚科、小児科
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病