トップページ >  内分泌・代謝の病気 >  糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、血液中の糖分が体内で十分に利用することができなくなる病気です。

[原因]
 食物を摂ると腸から糖分が消化・吸収され、血液の流れにのって全身に運ばれ利用されます。この糖分が筋肉などで利用される時にはインスリンという膵臓で作られるホルモンの助けが必要となるのですが、このインスリンが不足して糖分が十分に利用できなくなった状態を「糖尿病」と呼びます。「糖尿」というのは、血液中の糖分が利用されず尿に糖が出る状態をいい、むしろ結果としての症状をさす言葉です(糖尿病でも尿に糖が出ないこともある)。

 ではなぜインスリンが不足するのでしょうか。まず、生まれつき糖尿病になりやすい遺伝的体質の人がいます。そして、さらにこうした体質の人がインスリンの働きを妨げるような生活習慣を続けたとします。本来、膵臓は血液中に糖分があるときにだけインスリンを生産し、血糖値(血液中の糖分の量)が下がると生産をストップします。しかし糖尿病体質の人はなかなか血糖値が下がらないので、膵臓はインスリンを休まずに作り続けねばなりません。結果、膵臓に負担をかけ続けることになりますし、糖分を利用する細胞の側もインスリンに対する感受性が低下してしまいます。おおざっぱに言って、こうしたことが糖尿病発症のしくみとされているのです。
 また、これとは別に自己免疫反応によって膵臓を自分で攻撃してインスリン生産に関係する部分を破壊してしまい、全くインスリンが分泌されなくなる型の糖尿病もあります。糖尿病としてはごく少ないタイプですが、いわゆる「小児糖尿病」というのはふつうこれを指します(この場合遺伝的素因のほかにもウイルス・化学物質などが大きな原因となる)。

 本来糖尿病とは病気というより一種の遺伝体質であり、糖尿病でありながら良好な健康状態を保っている人はたくさんいます。しかし上で述べたようにインスリンの働きを妨げるような生活を続けているとついに種々の症状を呈する病的状態となってしまいます(“発病”・“発症”と呼ばれる)。
 インスリンの働きを妨げる生活習慣としては次のようなものが指摘できます。
◎高カロリー食の過剰摂取
◎運動不足…肥満した脂肪細胞がインスリンの働きをさまたげる。
◎妊娠
ただし、小児糖尿病などのように本人の生活習慣とは関係なく起こる糖尿病もあるので、糖尿病の人がすべて不摂生な生活をしていたなどという考え方をしてはいけません。

[症状]
 上でも述べた通り発病するまでは一般の健康人となんら代わりありません。しかし発症後は口が渇いて水をたくさん飲む・たくさん食べる・頻尿などの症状が出はじめます。
 しかし糖尿病の本当の恐ろしさは、種々の合併症にあります。 糖尿病は血管障害や神経障害・感染症を引き起こすため、それらが原因となる病気が発生するのです。
◎糖尿病性網膜症 … 網膜の血管に異常が起こり、視力障害から失明に至ることもある。
◎糖尿病性腎症 … 腎臓の血管に異常が起こり、腎臓障害が起こって人工透析に至る。
◎糖尿病性壊疽 … 小さな傷がもとになり手足が腐り(壊疽)、切断に至る。
◎動脈硬化
◎神経障害 … 手足のしびれなど

[治療]
 まず尿検査により糖尿病であることを確認します。
 上でも述べた通り糖尿病は体質ですので、それ自体は治療の対象ではありません。糖尿病でありつつ健康な生活を維持するための治療が行われます。
◎食事療法…日常の労働量に見合ったエネルギー量を計算し、バランスのとれた食事をとる。
◎運動療法…肥満を解消し、インスリンを過剰に必要とする状態をなくす。激しい運動は危険。
 どちらも医者の指示のもとに行います。たいていの糖尿病患者はこの二つで健康を維持することができるのですが、重症の患者やインスリン依存型の場合は薬物療法、すなわちインスリン注射と血糖降下剤の内服が必要となります。

[受診科] 糖尿病外来・内分泌代謝科・内科
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病