トップページ >  女性(子宮)の病気 >  不妊症

不妊症

不妊症とは、結婚後2年以上(避妊期間を省いて)妊娠をトライして夫婦生活を営んでいても赤ちゃんができない場合をいいます。ある統計によると、結婚後1年以内に約80%の人が妊娠し、2年目までには約90%が妊娠します。日本では残りの10%の夫婦が不妊症で、およそ200万組の不妊症に悩んでいるといわれています。

[原因]

 少し前まで、不妊症は女性の病気だと考えられていましたが、男性不妊が解明されるようになってきて、男女双方に不妊となり得る原因があることがわかってきました。不妊の原因は、非常に多岐にわたり、さらにいくつかの原因が重なり合っていることもあります。そのため、原因をつきとめるのに時間がかかり、精神的にも肉体的にも苦労を伴います。主な不妊の原因には、次のようなものがあります。
a)女性側の原因
・卵管障害
受精の場となる卵管が塞がったり細かったりすると卵子と精子が出会えません。不妊の30~40%を占めるといわれ、最も大きな原因となっています。卵管障害は、クラミジアなどの性感染症や子宮内膜症が原因で起こることが多いようです。
・排卵障害
卵子が育たない、育ってもうまく排卵できない場合を排卵障害といいます。不妊の約25%を占めます。ほとんどは、ホルモンのアンバランスによって起こります。
・子宮の異常
  子宮内膜に異常があると、せっかく受精しても受精卵が子宮に着床できなかったり、着床してもすぐに流産してしまいます。子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などが原因であることが多いようです。また、生まれつき子宮の形に異常があったりする場合も、妊娠しにくくなります。
・子宮頸管の通過障害
 精子は子宮の入口である子宮頸管を通過できないと卵子と受精できません。この子宮頸管に精子を攻撃する抗精子抗体などがあると、妊娠できません。また、頸管粘液の分泌が少ないために精子がうまく通過できず、妊娠できないこともあります。
・骨盤内の病変がある
 腹膜炎、開腹手術、子宮内膜症の後遺症などによって、骨盤内に癒着が起こって卵子の成長や排卵が阻止されるものです。
・膣や外陰部のトラブル
 特殊なケースですが処女膜閉鎖、腟の欠損や奇形などのトラブルがある場合は妊娠できません。
b)男性側の原因
・精子の異常
精子が全くできない、数が少なすぎる、動きが悪い、奇形が多いといったもので、男性不妊の80%を占めるといわれています。
・性交障害
ペニスが勃起しないために性交ができない(インポテンツ)や、勃起しても女性の腟内にうまく射精できない場合には、セックスによる自然妊娠は難しいでしょう。
・精管通過障害
精子の通り道である精管が、先天的な異常、開腹手術や事故の後遺症などによって、塞がってしまったものです。
・全身的な疾患や疲労
糖尿病、過度の疲労、多量の飲酒や喫煙なども、精子の形成に悪影響を与えます。
c)男女間の原因
  夫婦の相性が悪くて妊娠できない場合です。そのひとつが、精子を攻撃してしまう抗精子抗体です。
d)原因が不明の場合
  現在の医学では原因がわからない不妊症を、「機能性不妊症」といいます。不妊症のうち、約10%はこのタイプの不妊症であるといわれています。

[症状]

今まで挙げてきた様々な原因によって不妊症が起きますが、不妊症の症状はやはり、「夫婦生活を営んでいるのに二年以上子供を授からない」ことでしょう。WHO(世界保健機関)による、不妊症の7273カップルの調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男女ともにあり、24%が男性のみ、11%が原因不明です。つまり男性に不妊症の原因のあるカップルが約4組に1組、男女ともに不妊症の原因があるカップルも約4組に1組もあるのです。そのため、不妊症の検査・治療は夫婦ともに受けることが原則と言えます。

[治療]
まず、夫婦で不妊症の原因を探るべく検査を行う必要があります。その後、妊娠できるように治療を行っていきます。次のような治療法があります。
a)配偶者間人工授精AIH
精子または精液を子宮内に注入する方法。治療一回につき平均5000円~3万円程かかります。
b)体外受精胚移植IVF-ET
  卵子と精子を体外に取り出して受精させ、受精卵を子宮内に移植する方法。治療一回につき平均25万円~50万円以上かかります。
c)顕微授精ICSI
  取り出した卵子と精子を顕微鏡を見ながら授精させ、その後子宮に移植する方法。治療一回につき平均50万円以上かかります。
これらの治療は「高度医療」といわれ、医療保険の対象外のために自費診療となります。したがって、治療にかかる費用は各医療施設によってまちまちです。さらに、一回で妊娠に成功するという訳ではなく繰り返し治療に通うため、結果として多額の費用がかかってしまうのが現状のようです。

[受診科]
産婦人科(不妊外来)、婦人科、泌尿器科(男性不妊外来)
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病