トップページ >  女性(子宮)の病気 >  子宮体癌

子宮体癌

 子宮体癌とは、子宮体部にできる癌のことをいいます。子宮は子宮頚部、子宮峡部、子宮体部の三つの部分から構成されています。子宮にできる癌のうち、子宮体部にできる癌が子宮体癌です。婦人科の癌で最も多いのは、この子宮体癌です。50~60歳代の女性の発症が多いとされていますが、最近は年齢に関係なく発症が増えてきています。先進国に多い癌のひとつです。

[原因]
 女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンというホルモンが長期に渡って過剰に子宮に作用すると、子宮体癌ができやすいといわれています。エストロゲンが多く、子宮体癌になりやすい女性の特徴として、未産婦、不妊、肥満、糖尿病、高血圧、脂肪分をたくさん摂取する、などが挙げられます。

[症状]
 月経とは無関係の出血、おりもの、排尿痛または排尿困難、性交時痛、下腹部の痛みなどの症状が初期にみられます。最もよくある症状は不正出血です。特に、閉経後に少量ずつ長く続く出血がある時は、早めに病院を受診して子宮体癌の検査を受ける必要があります。さらに癌が進行すると、下肢の疼痛(ひどい痛み)やむくみ、水腎症(腎臓がむくんでしまう)や膀胱膣瘻(膀胱と膣が癌の浸潤によって穴が開いてつながってしまう)、直腸膣瘻(癌の浸潤によって腸と膣がつながる)、貧血などが起こります。

[治療]
 子宮体癌に対しては外科療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法の四つの治療方法があります。癌の進み具合に応じてこれらを単独、あるいはいくつか組み合わせて治療を行います。
 a)外科療法
   できる限り癌を取り除く治療です。外科療法でお腹を開けてみて初めて、その子宮体癌の進行具合が確定されます。進行具合によって、以下の二つの術式があります。
   ⑴単純子宮全摘出術と両側付属器切除術(ATH+BSO)
    お腹を開けて、子宮と、両側の卵巣と卵管を切除します。
   ⑵広汎性子宮全摘出術(ATH+BSO+Om+PLN+PAN)
    ⑴のように、子宮、両側の卵巣・卵管の摘出に加え、骨盤内のリンパ節、大動脈近くのリンパ節、胃からぶらさがる大網(リンパ節と血管の塊)の切除を行います。
 b)放射線療法
強いX線を使ってがん細胞を殺し、癌を小さくしていきます。放射線治療は体の外から行う外照射(WP照射)と、X線を出す物質(線源)を充てんしたプラスチックの棒を癌の存在する場所の子宮腔内及び腟内に入れてして行う方法(腔内照射)があります。この治療は単独、または手術療法と組み合わせることで治癒率を高めます。
 c)化学療法
  化学療法とは抗癌剤を使って治療することです。外科療法や放射線療法と併用する場合があります。治療施設によって治療方法は変わってきますが、癌がすでに全身に広がってしまった場合、この化学療法だけを行うのが標準的な治療とされています。
 d)ホルモン療法
  ホルモン療法では黄体ホルモンの働きがある経口内服剤が用いられます。ごく早期の子宮体癌で、子宮を摘出しないで残したいと希望する若い女性の場合にこの治療法が選択されることがあります。その場合、癌の病巣がある子宮の内膜をすべてかき出す治療(掻爬術)と組み合わせて行います。

[受診科]
 産婦人科、婦人科、女性外来
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病