トップページ >  子供の病気 >  伝染性紅斑(りんご病)とは

伝染性紅斑(りんご病)とは

 伝染性紅斑とは、りんご病と広く呼ばれている病気で、ほっぺがりんごのように赤くなり、ほてったり少しかゆくなります。2~12歳の小児がかかりやすく、大人や乳児の感染はあまりありません。季節的には冬から春にかけて流行しやすいといわれています。

[原因]
 伝染性紅斑の原因はヒト・パルボウイルスB19という名前のウィルスによる感染症です。つばや痰に含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。潜伏期間(症状の出ない期間)は1∼2週間です。感染力があるのは、発疹が出る前の約1週間くらいの間です。つまり、頬が赤くなったころには他人にはうつりません。

[症状]
 伝染性紅斑では両方のほっぺがりんごのように赤くなります。太ももや腕にも、赤い斑点やまだら模様ができます(網目状またはレース状に)。ほっぺはほてって、かゆくなることもあります。皮膚があたたかいと、かゆみが強くなります。熱は、出たとしても微熱程度で発疹も1~2週間でおさまります。大人の場合は、熱や強い関節痛・頭痛が出やすくなります。

[治療]
 特別な治療薬はありません。自然に治るのを待ちます。かゆみやほてりがひどい場合はかゆみ止めの薬を使うこともあります。

[受診科]
 小児科
病名から探す
脳の病名・症状   脳卒中    脳内出血    くも膜下出血    脳梗塞    一過性脳虚血発作    高血圧性脳症 
目(眼)の病名・症状   白内障    緑内障    ものもらい(麦粒腫と霰粒腫) 
消化管の病名・症状   急性胃炎    慢性胃炎    胃潰瘍・十二指腸潰瘍    急性腸炎    慢性腸炎    過敏性腸症候群    胃下垂    胃ポリープ(過形成ポリープ)    腸重積    腸チフス    ノロウィルス感染症 
耳の病名・症状   メニエール病    中耳炎 
呼吸器の病名・症状   風邪(かぜ)症候群・インフルエンザ    急性咽頭炎    肺炎 
循環器(心臓・血管
・血圧)の病名・症状
  高血圧症    動脈硬化症    狭心症・心筋梗塞 
肝臓・胆のう
・すい臓の病名・症状
  肝硬変    肝炎(急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎)    膵炎    胆石症 
腎臓の病名・症状   腎硬化症    腎不全    腎結石・尿路結石    ネフローゼ症候群症 
がん(癌)の病名・症状   がん(一般)    胃がん    咽頭がん    肝臓がん    舌がん    膵臓がん    前立腺がん    大腸がん    乳がん    脳腫瘍    肺がん    膀胱がん 
皮膚の病名・症状   アトピー性皮膚炎    蕁麻疹(じんましん)    白癬症(みずむし・たむしなど)    主婦湿疹(手湿疹)    手足のできもの(いぼ・タコ・ウオノメ)    とびひ    ねこひっかき病 
骨・関節の病名・症状   椎間板ヘルニア    骨粗鬆(こつそしょう)症 
アレルギー性疾患
・自己免疫疾患
  アレルギー・自己免疫疾患とは    花粉症    気管支ぜんそく    アトピー性皮膚炎 
内分泌・代謝の病名   糖尿病    高脂血症 
精神・神経の病名   自律神経失調症    躁鬱(そううつ)病 
女性の病名・症状   月経不順・生理不順    月経前緊張症    更年期障害    若年性更年期障害    子宮筋腫    子宮頚癌    子宮体癌    子宮内膜症    生理痛    乳腺炎    乳腺症    乳腺線維腺腫    不妊症    卵巣癌    卵巣のう腫 
子供の病名・症状   おむつかぶれ    気管支内異物症    クループ    小児自閉症    新生児ヘルペス    手足口病    伝染性紅斑(りんご病)    突発性発疹    乳児嘔吐下痢症    百日咳    風疹    ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)    プール熱    ヘルパンギーナ    マイコプラズマ肺炎    水痘(みずぼうそう)    麻疹(はしか)    夜尿症    流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 
性病の病名・症状   エイズ(HIV)    外陰炎    疥癬(かいせん)    性器カンジダ症    ケジラミ症    細菌性膣炎    性器クラミジア感染症    性器ヘルペス    尖形コンジローマ    膣トリコモナス症    梅毒    淋病